『M字ハゲを目立たせない髪形』



私を含めてほとんどの男性はハゲにはとても敏感です。

女性の体重と同じくらい敏感と言っても過言では無いでしょう。

よく道ですれ違う人の中でハゲがいるとどうしても自分と比べていたものですよ。


後で後悔しないように、M字ハゲになってきたかなと思ったらすぐに対処をするようにしたほうが良いです。

M字ハゲというのは、前髪(特にこめかみあたり)から徐々に進行していき、額が広くなってくるというのが特徴的です。

治るのが非常に遅く私は元の状態に戻すのに苦労したので、気がついたら早期にケアをするのを勧めます。



そこで、私がやってきたM字ハゲを目立たせないための髪型を載せようと思います。
ここで重要なのが「前髪」の流れとなります。


前髪を真ん中で分けて、左右に寄せるようにします。
俗に言う「真ん中分け」の状態ですね。

M字ハゲというのは、前髪の両端が徐々に薄毛になってくる症状の事を指しますので、前髪の真ん中部分の髪は生き残っている可能性が高いのです。

なので薄毛初期段階のうちは、真ん中部分の髪を伸ばして、左右に分ける事によって、M字ハゲのMの部分を隠すことが出来るというわけです。

前髪を伸ばしているというのは、若い人にも壮年の方でも安心してできる髪型です。

そのため、どんな年代でも対処が出来るというのがメリットの一つとなります。

しかし、隠すことばかりをしていても、M字ハゲが改善するということはありません。

これは、あくまでも一時しのぎですので、隠している間に薄毛ケアと体内の改善を行います。

髪が生え変わるには半年~2年ほど必要となりますので、今すぐ対処をしたからといって、すぐに効果が表れるということはありませんが、対処をしないままにしておくと、どんどんM字ハゲが進行してきて隠すものも隠せなくなってしまいます。

そうならないためにも、M字ハゲを隠している間に、ちゃんと効果のある対処をすると良いでしょう。

一つ、注意点としては美容院などで、前髪を短くしすぎないように注意してください。

前髪が短くなってしまうと、隠すためのものが無くなってしまうので、ある程度短髪にするとしても、前髪は少し長めに残すようにして下さい。

そしてM字部分の薄毛がかなり進行してしまっている場合は、ソフトモヒカンが似合います!

実際に私もしていましたが、若くても歳をとっていてもこれが意外にさまになるものです。


私がM字ハゲを治した方法 (第2部)
ホームページ版はこちら→M字ハゲを治す方法 ~最新版~
-----------------------------------------------------------------------------------------------
私は<M字ハゲを治す3種の神器>で薄毛を治すことに成功しましたが、目に見えて回復したのはだいたい半年を過ぎた辺りからでした。

それまでは全然回復しているように見えませんでしたので、みなさんも生えないからといって諦めずに努力してください。

基本は毎日決まった時間に薄毛ケアをすること。

私は夕食後にフィンペシアを1錠、育毛サプリを3錠を服用して、入浴後に育毛剤を付けて揉み込んでいました。

血行が良い状態の時に育毛剤を付けてマッサージするのが効果的だったと思います。

小さく円を描くようにして生え際を適度な力でマッサージすると5分ほどでホカホカしてくるのでそれくらいがベストですね。


基本は フィナステリド M字に効果のある育毛剤 育毛サプリです これだけでかなり変わってきます。


<M字ハゲを治す3種の神器>

M字ハゲを治したフィナステリド ⇒ フィナロイド1mg (FinaLloyd)
M字ハゲを治した育毛剤     ⇒ M字型の薄毛タイプのユーザー様向けLP (M字ハゲを治すのにはこれが必須)
M字ハゲを治した育毛サプリ   ⇒ 薄毛対策のサプリ


-----------------------------------------------------------------------------------------------



これ1本で抜毛予防・育毛発毛促進ができるのでかなり効果が高い育毛剤です。
実際に私が使用して生え際やM字部分の改善に成功したので絶対に使わないと勿体無い!





AGA治療薬であるプロペシアのジェネリックの中で一番安価なフィナステリドがこちら。
育毛剤との併用で頭皮の状態を回復させて、AGAを治すためには必需品です。




スポンサーサイト

薄毛の悩みはやはりみんな真剣だけどプロペシアは高い!

実は、最近になって、悩み事の相談を受けることが多くなりました。

そのほとんどは、薄毛の悩み相談です(苦笑)

それには理由があって、
それは僕がかなり若い時から薄毛だったから…。
最初は「若禿げ」の自分を、みんな哀れみ半分で励ましてくれていたのです。

ところがどっこい今の僕が禿げるどころか、
十年以上経っても、むしろフッサフサになっているのをみて、
その理由を聞きに、みんなが逆に相談に来るようになったというわけです(苦笑)


若禿げだった自分がフッサフサになった理由、気になるでしょう?
それはある出会いがきっかけでした。

当時、とても薄毛に悩んでいた自分は、
それこそ育毛に良いというものであれば、
手当たり次第に試していました。

それは早寝早起きから始まり、
育毛サプリはもちろん飲んで、食生活も万全に…。

でも、まったく効果なし…。

そんな日々が続いていましたが、
そんな折り、なにげなくAGA、男性型薄毛症というジャンルが確立されているのを知り、
勉強してみるとまさに自分の症状にぴったり!

しかも、その治療法もしっかり確立しているじゃないですか!

これには驚きました。
そして、治療薬として見つけたのが、この「プロペシア」ってわけなのです。


僕の場合、このプロペシアを飲み始めてから、
丸見えだった頭皮も徐々に隠れるようになり、
明らかに毛量が増していくのが実感できたほどです。

今では学生時代と大差ないほどのボリュームを取り戻し、
毎朝ビシッと鏡の前でワックスセットしてますw

そりゃ、周りのみんなは驚くはずです。


高いのが難点だったプロペシア

でも、このプロペシアの唯一の難点は、少し高価だってことなのです。

ですので、みんなにおすすめしながらも、実は心苦しくも感じていたのです。

でもまあ、しっかり効いているのでしょうがないかなっと思っていた矢先、
今度は、ジェネリック医薬品という存在があることを知ります。

ジェネリックとは、
そのお薬の特許が切れた後に販売される、同じ成分の医薬品のことで、
同じ薬がとっても安いお値段で手に入る仕組みのこと。

これがプロペシアのジェネリック ⇒ フィナロイド1mg (FinaLloyd)

あれ、もしかしたらプロペシアも?
ふっと気づいて、検索してみたら大当たり♪
プロペシアにもジェネリック医薬品が存在していたのです。


ちなみにこのプロペシアは、
有効成分であるフィナステリドの作用によって、
男性ホルモンが脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化するのを抑制し、薄毛をふせぐという男性専用のお薬。


今回ご紹介したいジェネリック医薬品も、
ジェネリックなので当然といえば当然なのですが、
このプロペシアと同じく、フィナステリドを配合しDHTを抑制する、まるで同じ作用というわけです。

ジェネリックって素晴らしい!!


その名は、『フィナロイド』♪安いよ〜

プロペシアとまったく同じ成分のジェネリック医薬品。
その名は、『フィナロイド』♪

何回もいいますが、
フィステナリド配合でDHTを抑制し薄毛をふせぐプロペシアとまったく同じ成分です。

同じ成分のお薬で、安いなら絶対『フィナロイド』ほうが良いに決まっています。
何を隠そう私もすでにさっそく切り替えていますが、なんの問題ありません。


それにしても超有名なAGA(男性型薄毛症)治療薬プロペシアが、
ジェネリック価格で注文できるなんて♪
『フィナロイド』さまさまです。


僕も、費用の心配が少なくなったことで、
以前にもまして、心置きなく気軽に相談にのることができています。
ちなみに男性専用なので、女性には効きません!


さあ、安いプロペシアジェネリックで、薄毛から脱却しましょう♪
↓  ↓


『生活習慣でM字部分のハゲを改善する方法』



生活習慣の改善でM字ハゲを改善する方法として最も良いのは、やはり体内のホルモンバランスの調子を整えるということです。

M字ハゲは男性に多く見られる症状でありますが、その原因の多くは遺伝と言うよりホルモンバランスの不調によって引き起こされるのがほとんど。

我々男性の場合は男性ホルモンが過剰に分泌されることで抜け毛を助長することになるので、その結果としてM字ハゲとなってしまうのです。

そこで、男性ホルモンの過剰な分泌を抑制するために、下記の事柄を改善すると良いと言われています。


・ 出来る限り興奮しないようにして、攻撃的な感情を起こさないようにする
・ 自慰行為やセックスなどを控える
・ 早寝をする
・ 大豆イソフラボンが多く含まれている豆類や加工品を摂取する
・ 清涼飲料水ではなく、緑茶を飲むようにする

と、大きく分けてこれら5つの項目となります。


まず、興奮したり攻撃的な感情を抱いてると、男性ホルモンが活発に分泌される事となります。

よく言われるのが、「頭に血が上った」という状態のことを言います。

興奮すると血管が収縮し血圧が上がるということもありますので、それら全てがM字ハゲを促進させることに繋がります。


そして男性の場合、自慰行為やセックスなどをする時も男性ホルモンを過剰に分泌してしまいます。

そのため、これらの回数もできるだけ控えるようにした方が良いでしょう。


早寝に関して言うと、髪の成長を促す物質や頭皮の状態を回復する物質が体内から分泌されるのが「22時~2時の間に睡眠している状態」なのです。

そのため、早寝を心掛けるのが頭皮や髪のために一番良いでしょう。特に頭皮の回復には大きく貢献できることなので重要です。


次に、豆類や豆製品に多く含まれて入る大豆イソフラボンというのは美容だけではなく、男性ホルモンの分泌を抑制するという効果も持っています。

頭皮も肌の一部ですから効果があるのは当たり前と言えますからね。

また、緑茶にも同じような成分が含まれているので、清涼飲料水や酒類を飲まずに、なるべく緑茶を飲むようにした方が良いでしょう。

同じお茶でも麦茶では成分が全然違うため、緑茶を選択するように注意しましょう。

生活習慣を改善させて<M字ハゲを治す3種の神器>で薄毛を治していってください。


<M字ハゲを治す3種の神器>

M字ハゲを治したフィナステリド ⇒ フィナロイド1mg (FinaLloyd)
M字ハゲを治した育毛剤     ⇒ M字型の薄毛タイプのユーザー様向けLP (M字ハゲを治すのにはこれが必須)
M字ハゲを治した育毛サプリ   ⇒ 薄毛対策のサプリ


-----------------------------------------------------------------------------------------------



これ1本で抜毛予防・育毛発毛促進ができるのでかなり効果が高い育毛剤です。
実際に私が使用して生え際やM字部分の改善に成功したので絶対に使わないと勿体無い!





たった3ヶ月で抜け毛が驚くほど少なくすることができる育毛サプリメントです。
育毛剤との併用で頭皮の状態を回復させて、育毛を促進できるので薄毛ケアでは必需品です。





『若くして陥るM字ハゲの原因を考える』



若くしてM字ハゲになるなどの生え際の後退は、我々男性に多く見られる症状です。

主に抜け毛が増えて薄毛になっていく過程としては、大きく分けてM字型か頭頂部型の2つのタイプに分かれることになります。


薄毛の原因は今までは遺伝と考えられていましたが、多くはホルモンバランスや生活における環境によって引き起こされることが多いことが分かっています。

そのため乱れた生活習慣を改善すると、弱っていた頭皮が改善していきこれらの症状が緩やかになります。

しかし生活習慣を改善しただけでは進行を緩やかにするだけ、治すにはやはり薄毛ケアをしなければ治りませんでした。

出来る限り早く薄毛ケアする事がおでこハゲやM字ハゲにならないため、そしてM字部分を治す方法の基本となりますね。


ただ残念なことに、一度死滅ししてしまった毛根からは髪の毛が生えてくるということはありません。

事故などで頭皮を損傷してしまい毛根が死滅している場合などは植毛くらいしか手が無いようです。

最近の研究結果では、IPS細胞などで死滅した毛根を蘇らせるということも出来るようになったそうですが、現実に商品として購入出来るようになるのは、まだ5年~10年は先だと言われています。


しかし心配することはありません。

一見はげているように見えますが、実はあなたの髪の毛はまだちゃんと生えているんです。

薄毛の進行で太い髪の毛が抜けて一回り細い髪の毛が生えて、またその髪の毛が抜けて一回り細い髪の毛が生えての繰り返しで髪の毛が産毛の状態にまで退化しているだけなのです。

見えないくらい細く短いだけでまだ髪の毛は存在はしています。

この産毛を薄毛の進行と逆の進行で太く抜けなくしていくことでまた元の髪の毛にできるのです。

M字はげを治す3種の神器を使用することで、細い髪の毛は太く成長して抜けていきます、そして次に生える頃にはさらに一回り大きな髪の毛として生えてきます。

成長してまた抜けて一回り大きな髪の毛として生えて・・・を繰り返して薄毛は自然と元に戻っていきます。

ちなみにちゃんと薄毛ケアをしたらの話です。

放っておいても髪の毛は元には戻りませんよ。

M字部分は成長が遅いのですが根気良く私がしてきた薄毛ケアをすれば大体1年ほどで効果を実感できると思います。

まずは生活習慣を改善することと正確な薄毛ケアで薄毛の進行を止めて戻して行きましょう!



次に基本となる生活改善についてですが、日頃から簡単に改善することが出来るのは睡眠と食事です。

毛髪を健康に保つためには、夜の22時~2時までの間にしっかりと睡眠を取ると良いでしょう。

この間に髪の成長を促す物質や修復ホルモンが分泌されるので、睡眠時間を改善するのが一番手っ取り早い方法となります。


そして、食事の改善についてですが、外食が続くと自然とビタミンなどの野菜不足になりがちです。

脂やたんぱく質などを過剰に摂取すると毛穴から皮脂が過剰に分泌される原因にもなります。

頭皮がべたついているなら要注意。

これら食事を改善する事によって、強い毛根を育てると共に抜けにくい髪へと変化していきます。


もう一つ多い原因としては何といっても頭皮の血行不良です。

重要な抜け毛の原因である血行不良、血管が細くなったり、血行が悪くなると、髪の先まで栄養を運ぶことが出来なくなるので、髪が細くなって抜けやすくなる原因となってしまいます。

血行不良の主な原因としては、ストレスや喫煙や生活習慣の乱れなどが挙げられます。

できるだけ健康な生活をこころみることが良いですよ。

私がM字ハゲを治した方法 (第2部)
ホームページ版はこちら→M字ハゲを治す方法 ~最新版~
-----------------------------------------------------------------------------------------------
私は<M字ハゲを治す3種の神器>で薄毛を治すことに成功しましたが、目に見えて回復したのはだいたい半年を過ぎた辺りからでした。

それまでは全然回復しているように見えませんでしたので、みなさんも生えないからといって諦めずに努力してください。

基本は毎日決まった時間に薄毛ケアをすること。

私は夕食後にフィンペシアを1錠、育毛サプリを3錠を服用して、入浴後に育毛剤を付けて揉み込んでいました。

血行が良い状態の時に育毛剤を付けてマッサージするのが効果的だったと思います。

小さく円を描くようにして生え際を適度な力でマッサージすると5分ほどでホカホカしてくるのでそれくらいがベストですね。


基本は フィナステリド M字に効果のある育毛剤 育毛サプリです これだけでかなり変わってきます。


<M字ハゲを治す3種の神器>

M字ハゲを治したフィナステリド ⇒ フィナロイド1mg (FinaLloyd)
M字ハゲを治した育毛剤     ⇒ M字型の薄毛タイプのユーザー様向けLP (M字ハゲを治すのにはこれが必須)
M字ハゲを治した育毛サプリ   ⇒ 薄毛対策のサプリ


-----------------------------------------------------------------------------------------------



これ1本で抜毛予防・育毛発毛促進ができるのでかなり効果が高い育毛剤です。
実際に私が使用して生え際やM字部分の改善に成功したので絶対に使わないと勿体無い!





AGA治療薬であるプロペシアのジェネリックの中で一番安価なフィナステリドがこちら。
育毛剤との併用で頭皮の状態を回復させて、AGAを治すためには必需品です。




薄毛の悩みはやはりみんな真剣だけど自由診療である薄毛治療薬プロペシアは高額です!

実は、最近になってある悩み事の相談を受けることが多くなりました。

そのほとんどは、薄毛の悩み相談ですよ(苦笑)

実際に薄毛を治せているからどのように治したのかはやっぱり気になるのでしょうね。

それには根拠もあって、
僕がかなり若い時から薄毛だったから…。
最初は「若禿げ」の自分を、みんなは哀れみ半分で励ましてくれていたものです。

ところがどっこい今では僕が禿げるどころか、
十年以上経っても、むしろフッサフサになっているのをみて、
その理由を聞きに、みんなが逆に薄毛改善の相談に来るようになったというわけです(苦笑)


若禿げだった自分がフッサフサになった理由はやっぱり気になるでしょう?
それはある薄毛治療薬との出会いがきっかけでした。

当時、とても薄毛に悩んでいた自分は、
それこそ育毛に良いというものであれば、
手当たり次第に試していました。

薄毛に効くブラシとか健康法とか、塩素を含まない水を使ってシャンプーしたり・・・

それは早寝早起きから始まり、
育毛サプリはもちろん飲んで、食生活も万全に…。

でも、まったく効果なし…。体だけ健康になっていきました。

そんな日々が続いていましたが、
そんな折り、なにげなくAGAや男性型薄毛症というジャンルが確立されているのを知り、
勉強してみるとまさに自分の薄毛症状にぴったり!

しかも、その薄毛治療法もしっかり確立しているじゃないですか!

これには驚きました。
そして、薄毛の治療薬として見つけたのが、「プロペシア」ってわけなのです。


僕の場合、このプロペシアを飲み始めてから抜け毛が少なくなっていき、
丸見えだった頭皮も徐々に隠れるようになり、
明らかに毛量が増していくのが実感できたほどです。使った人はわかるはずです。

今では学生時代と大差ないほどのボリュームを取り戻し、
毎朝ビシッと鏡の前でワックスでセットしてますw

そりゃ当たり前の話で、周りのみんなは驚くはずです。


でもプロペシアはものすごく高額で継続は厳しい!

このプロペシアの唯一の難点は、お薬にしては少し高価だってことだけなのです。

ですので、相談してきたみんなにおすすめしながらも、実は心苦しくも感じていたのです。

でもまあ、しっかり効いているのでしょうがないかなっと思っていた矢先、
今度は、そのプロペシアにジェネリック医薬品という存在があることを知ります。

ジェネリックとは、
そのお薬の特許が切れた後に販売される、同じ成分の医薬品のことで、
同じ薬がとっても安いお値段で手に入る仕組みのこと。

これがプロペシアのジェネリック ⇒ フィナロイド1mg (FinaLloyd)

あれ、もしかしたらプロペシアもあるんじゃないか?
ふっと気づいて、検索してみたら大当たり♪
プロペシアにもジェネリック医薬品が存在していたのです。


ちなみにこのプロペシアの効能は、
有効成分であるフィナステリドの作用によって、
男性ホルモンが脱毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)へと変化するのを抑制し、薄毛をふせぐという男性専用のお薬。


今回ご紹介したいジェネリック医薬品も、
ジェネリックなので当然といえば当然なのですが、
このプロペシアと同じく、フィナステリドを配合しDHTを抑制する、まるで同じ作用というわけです。

ジェネリックって素晴らしいですよね!!


その名は、『フィナロイド』♪安いから続けられる!

プロペシアとまったく同じ成分のジェネリック医薬品。
その名は、『フィナロイド』

何回もいいますが、
薄毛治療薬フィステナリド配合でDHTを抑制し薄毛をふせぐプロペシアとまったく同じ成分です。

同じ成分のお薬で、格安なら絶対『フィナロイド』ほうが良いに決まっています。
何を隠そう私もすでにさっそく切り替えていますが、使用感はなんの問題ありません。


それにしても超有名なAGA(男性型薄毛症)治療薬プロペシアが、
ジェネリック価格で注文できるなんて♪
『フィナロイド』さまさまです。


僕も、費用の心配が少なくなったことで、
以前にもまして、心置きなく気軽に相談にのることができています。
ちなみに男性専用なので、女性には効きませんよ!


さあ、安いプロペシアジェネリックで、薄毛から脱却しましょう♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。